トヨタと日産: 93%の人がいずれの車種の区別がつかない。 あなたにはできますか?

著者: Craig
Image: refer hsw

このクイズについて

赤、緑… ゴー!

タールマックを燃やして、ゴムの臭いで鼻腔をいっぱいにしよう! 日本の伝説的な自動車製造業者である、トヨタと日産のモデルについてどれだけ知ってるかを試し、車の知識をテストしていこう。

創業140年以上の歴史を持つ、日本の代表的な2つのブランドである両社は、豊富な種類の自動車を生産している。 このクイズでは、どのモデルがどちらのブランドのものかを判別して欲しい。 これらは全て、ある1つの画像の一部である。

簡単だよね? まあ、各社の有名なモデルは特に、簡単だろう。

だが、中には究極の自動車オタクの知識をもってしても、難しいものも出てくるので、油断は禁物だ。特に日本市場でのみ販売されているものは難しい。 それでも君ならどちらの自動車製造社の車かを判別できると信じている。

君ならリーフのように颯爽と質問に答えることはピクニックのように楽しいことだろうし、君が真のマスターエースであることを証明してくれるだろう。

準備はいいかな!

では早速やってみよう! 口で言うだけでなく、行動で証明し、真の自動車愛好者としてポールポジションをとる能力があることを証明する時は今だ!

世界で最も気品あるスポーツカーと言われる日産GT-Rは、加速度もあり操縦も素晴らしい! レース用の車なので、通常運転でなく、高速なので目的地にかなり早く到着してしまう! 平成19年に今のGT-Rの車種が市場公開されスカイラインGT-Rの続行モデルである。 3.8LのツインターボV6エンジン使用。

昭和42年から45年の間、トヨタは2000GTを351台しか生産しなかった。 クーペ型ファーストバックのスポーツカーでヤマハとの合同デザインされた車。 2.0か2.3リットルエンジン、5スピードのマニュアルか3スピードのオートマチックの変速装置つきの車種。

日産のアルティマは安定したパフォーマンスと燃費の良さ、車内乗り心地と貨物の広さが特徴。 味のないインテリアとパワープラントの選択も通常並みで、競争相手の古い技術を今だ適用している車種とも言われる。

平成11年から17年の間、日本でファン・カーゴとして他の市場ではヤーリス・バーソとしてトヨタが販売する小型MPV。 平成13年までは1.3か1.5リッターエンジンが出回っていたが、その後ディーゼルモデルが紹介された。

平成15年にアメリカ市場向けに日産初のクロスオーバー車ムラノを紹介。 今は三世代目で、四輪駆動と全輪駆動モデルがある。 エンジンの種類も色々で2.5リットルのハイブリッドも提供している。

トヨタブランドの信頼性もある4ランナーは有能なオフロード車である。 マイナスなのは、頭上注意で功名なハンドルさばきが必要とされる。

トヨタ初めてのプロタイプ車はA1である。 生産過程ではこれがAAと呼ばれる様になった。 昭和11年から18年の間1,300台生産された。 AAは4ドアセダンとオープンカーとして販売。

Qashqaiとしても知られるデゥアレスは日産のコンパクト・クロスオーバーSUV。 平成18年に市場公開され今は二世代モデルである。 アメリカ市場ではデゥアレスは日産ローグとして販売。

平成28年のリオオリンピックで日産は、コンパクトクロスオーバーSUVの新車キックスを世界に公開。 アメリカ市場のジュークモデルの代わりに、キックスはV-プラットフォームの5ドアSUVミニとして販売。

主に日本市場向けのアルファード車はハイドラ星座の最も明るい星がモデル名由来である。 平成14年に販売し始め、ラグジュアリーMPVとして今も生産されている。 モデルは3種類あり、7人と8人乗りを提供している。 今は三世代目で、アルファード最高モデルは3.5リットルV6エンジンを導入。

カローラの続行版でもある、アウリスは平成18年にコンパクトハッチバックとして販売。 ブレードはアウリスモデルの高級車である。 日本市場限定である。

平成22年に市場公開され、コンパクトクロスオーバーSUVの中ではひと際目立つデザインで風評をよんだ。 アメリカ市場では好評で、平成24年から28年までの5年間で150,000台以上販売された。

昭和57年のコンパクト車市場で販売開始以来、トヨタのカムリは平成3年まで色々なモデルを公開、今はミッドサイズ車として知られている。 カムリのモデル改装は六回行っている。 アメリカでは人気の高いモデルで、5年間で200万台売れている。

日本市場限定のチェイサーは平成9年から13年の間生産され、最初はコンパクト車で平成10年からミッドサイズ車として販売。 チェイサーの車台はトヨタモデルのクレシダ/マークIIとクレスタと同様。 フロントエンジンと後部駆動のおかげで、チェイサーはドリフトドライブに最適な車種となった。

日産とっぴなデザイン車、300ZXが早くも人気をよんだ。 300ブレーキ馬力の小型クーペ300ZXは高速! 後輪操舵を提供、ハンドルを切りやすかった。

平成21年にこの二人乗り2ドアのスポーツカーを日産が初めて公開した。 370Zモデルは世界中で販売され、日本では特別でフェアレディの名で知られる。 60年代後半の日産スポーツカー販売開始以来、この特別名で呼ばれている。 370Zはロードスターとクーペで販売。

昭和49年から平成5年の間、FJ40ランドクルーザーはトヨタのオフロード車として好評販売。 基本車台を変えずに荒涼とした地形も走行できるので好評だ。

平成7年までトヨタのピックアップ型トラックとして世界で販売されたハイラックスは、昭和43年に生産開始され今は八世代モデルだ。

トヨタのマスターエースは世界中で色と々な名で知られ、ライトエース、ヴァン、スペースクルーザーやタンゴと呼ばれている。 ライトバンは人や貨物の運送用車として使われている。

日産が平成3年にミニバンとして公開、今も生産している。 最近は六代目モデルのセレナで、高速道路で車線から車がはみ出ないよう自動感知システム・"プロパイロット"技術を導入。

トヨタ車で長続きしているモデル、プレビアは平成2年以来ずっと生産されている。 3ドアのミニバンは三世代モデルで平成18年の公開以来、平成28年にはモデル改装を行っている。 プレビアは日本ではエスティマ、オーストリアではタラゴとして知られている。

パトロールのモデルは昭和26年から日産車として知られている。 出だし頃のモデルはジープに似た型だったが、今の六世代のパトロールは現代の大型SUVとして通常販売しれている。

トヨタが昭和59年から平成29年まで生産した2人乗りミッドエンジンのスポーツカーは、三世代も続いたモデルである。 MR-2のモデル名はミッドエンジン、後部駆動、2人乗りの省略。

7人乗りのMPVでイプサム、スポーツバン又はアバンセスバーソと呼ばれ、平成7年から21年まで三世代も販売された。 二世代目のピクニックのモデルはトヨタのアバンセスが車台。

平成16年にノートは日本市場にMPVミニとして紹介された。 ハッチバック型のモデルは5人乗りの楽な乗り心地でエンジンも数種あり、そのうちのE-パワーハイブリッドエンジンは平成28年に公開された。 他のハイブリットエンジンとの違いは電力エンジンは車輪駆動、ガソリンエンジンはバッテリー充電にだけ使用。

ラクティスはトヨタのMPVミニとして平成17年のモデル公開以来、今も生産している。 平成22年に二世代モデルを公開、バーソーSと新たなモデル名になったが欧州では以前と同じ名で販売。

軽自動車として公開、パブリカは日本市場で低価格の家族専用車として販売。 パブリカは車台もいくつかあり、ステーションワゴン、オープンカー、クーペとピックアップ型トラックとして昭和36年から53年まで生産された。 最後は、トヨタ1000と言う名で日本国外でも販売された。

アフリカ市場限定のクアンタムは、タクシー件ミニバスで出勤用の交通手段として日頃利用された。 12人乗りで2.5ディーゼルと2.7リットルのガソリンエンジンが二種類ある。

キューブ型です! 市場で変わった型の車種、キューブは日産が平成10年に日本で販売開始された。 十年後は、欧州とアメリカ市場で販売される様になる。 今は三世代モデルのMPVミニでアメリカでは、最初売れ行きも好調だったが今は販売台数はかなり減少している。

セダンとハッチバックで提供されている日産のバーサはアメリカでは平成24年から販売。 1.6リットルのガソリンエンジンは107ブレーキ馬力を出す。 アメリカでは平成24年以来650,000台が売れている。

前置エンジン、四輪駆動(モデルによる)のSUVで世界多数の国で好評。 平成4年に公表され今は四世代モデル。 アメリカでの人気を伸びるばかり。

平成17年にフルサイズのピックアップ型トラックとして日産がタイトンを公開、5.6 L VK56DEのV8エンジンをアメリカ市場で限定販売。

バーソはMPVコンパクト車で平成21年に公開され今も生産されている。 ユーロキャプ検査によると、欧州では一番安全なMPVである。 エンジン種も色々でガソリンとディーゼルはあるが六式のマニュアル・ギアボックスでしか提供してない。

スカイラインのエンジンは2.0リットルと2.8リットルとで、128と400ブレーク馬力を出力。 GT-Rモデルはニュルブルクリンクを八分以内で全周した二台のうちの一台である。

昭和57年、メーカーが日産を国内市場に紹介。 長年にわたって、コンパクトとしてアメリカと海外市場で販売されている。 早くもトップセラーになり、平成28年にはアメリカで200,000以上が販売された。 今はセントラは七世代目である。

700ccエンジンの小型スポーツカーは昭和40年から44年に日本で販売。 持ち出し天井パネルのある始ウめの車種タイプでもあった。 タルガトップとも呼ばれていた。 3400台生産された。

このSUVはアメリカで信じられないくらいの人気だ。 平成19年に公開され翌年75,000台が販売された。 八年後は、平成28年には四倍の320,000台が売られた。 同じ年にローグは映画"スターウォーズ"のローグワンにちなんで限定モデルを公開した。

日産のNP200は南アフリカ市場限定生産モデル。 ダギアローガンを車台とするコンパクトのピックアップでガソリンとディーゼルエンジン型を販売している。

電気自動車の日産リーフは平成22年に生産開始。 電気自動車で最も重要なのは、電力供給率だ。 現在フル充電したリーフは、大型30kWhバッテリーで107マイルは走行可能。 重要点は、切れたバッテリーは30 世界で一番売れている電気自動車である。

高額スーパーカーと同じ性能のスープラは、高性能車として庶民に親しまれた。 3.0リットルツインターボエンジンを導入、276ブレーキ馬力の出力。

平成4年に日産が世界にミッドサイズのモデルとしてアルティマを公開。 今は五世代モデルでアメリカではベストセラーとして過去5年で150万台販売された。

スタウトはトヨタの軽トラックとして昭和29年から64年まで販売された。 初回モデルは1.5リットルのガソリンエンジン、昭和54年から64年の三世代モデルからは2.2リットルのガソリン・パワープラントエンジンが導入された。

アメリカで平成20年から27年まで、世界で平成29年まで生産されたベンザはミッドサイズSUVクロスオーバー型。 レキサスRXと同じ系統。 最高級のモデルは3.5リットルV6エンジン導入、六式オートマティックギアボックス配合。

タンドラのピックアップと似た車台のセコイアは、トヨタが平成12年に公開したフルサイズのSUVで今もこのモデルは改善中。 現在は二世代モデルで最高級型は5.7リットルV8モーターが導入されている。

平成18年に紹介、ラビーナはコンパクトとSUVミニとで販売。 ラビーナは中国で初公開され、それから世界市場へ。 今の二世代モデルはマニュアルとオートマティック・トランザクションと三種類のガソリンエンジンがある。

平成9年に最高のオフロード機能の日産フロンティアが市場公開された。 ガソリンとディーゼルの動力装置とビルシュタイン・ショック設置、後部ロッキング・デファレンシャルもある。

大型車市場で販売のアバロンは、アメリカでは毎年平均50,000台以上販売される。 平成6年の生産開始以来、アメリカでは弊社一番の大型セダンモデルである。

エクステラはオフロード最高機能、二速トランスファーと後部作動固定装置、ラダーフレームを提供。 エクステラは4.0リットルV6エンジンで265ブレーキ馬力出力。

平成13年にトヨタが中型のクロスオーバーSUVを紹介。 今は三世代目のモデルで、平成26年以降アメリカでは500,000台以上売れている。

車体のフレームにボルト付きのアルマダは日産エンジンの5.6リットル型。 これで390馬力と401ポンド/フィートのトルク生産。 ユニークな四輪駆動で平面走行の際は後部車輪にしかパワーがいかない様になっている。 オフロードの際は、前方の車輪にしかパワーはいかない。

About HowStuffWorks Play

How much do you know about dinosaurs? What is an octane rating? And how do you use a proper noun? Lucky for you, HowStuffWorks Play is here to help. Our award-winning website offers reliable, easy-to-understand explanations about how the world works. From fun quizzes that bring joy to your day, to compelling photography and fascinating lists, HowStuffWorks Play offers something for everyone. Sometimes we explain how stuff works, other times, we ask you, but we’re always exploring in the name of fun! Because learning is fun, so stick with us!

もっと多くのクイズを見る